NEWS

CONTACT US

  • イベント情報
  • お知らせ

結婚式をいつにするのか そろそろ決めませんか?

Posted on 2021.9.29

先日ご結婚式をされたお客様が「家族みんなで飲むコーンスープが思い出の味です」とお話しされており、家族の思い出の味があるって素敵だなぁと感じました。
 
ちなみに我が家の思い出の味は「ニラたっぷりの餃子」です。私は小さい頃から餃子が大好きなのですが、祖母と母が通常の2倍くらいの量のニラを入れて餃子を作るので、いつの間にかニラたっぷりじゃないと満足できなくなってしまいました(笑)なので、我が家で家族が集まる日は、私のリクエストで食卓にニラたっぷりの餃子が並ぶのです。ちなみに餃子を何十個も食べる私は家族から「餃子娘」と呼ばれ、自作した餃子の歌を歌いながら食べていたそうです。
 
どんなお店で食べる餃子よりも、実家で食べる餃子が美味しいと感じるのは、家族みんなで食卓を囲んで、楽しく餃子を食べた記憶があるからかもしれません。もしいつか、自分が結婚式をする時がきたら「家族だけに、自分が包んだニラたっぷりの餃子を出そうかな」なんてことを考えていたりもします(笑)
 
さて、突然餃子の話から始まってしまいましたが、餃子娘こと、プランナーの加太が結婚式の想いをお伝えしたいと思います♪
皆様、ご家族とのエピソードはどんなものがありますか?
 
入学式、運動会、夏祭り、お正月、家族旅行、誕生日・・・小さい頃を思い出すと、家族との思い出は数え切れないほどあるのでないでしょうか?そして、自分の家族のことであれば、どんどん楽しいエピソードがでてきて、話し出したら止まらなくなりますよね。実際、お打合せでも「どんなご家族様なんですか?」と伺うと、新郎様新婦様は嬉しそうにご家族とのエピソードをたくさん教えてくれます。

・父はとにかくイベントがあると張り切るタイプ。幼稚園の運動会のパパさんリレーでは頑張りすぎてアキレス腱を切ってました。
・兄と顔が似すぎていて、よく間違えられます。
・姉が味噌ラーメン、私はとんこつラーメン、妹は塩ラーメン派なので、家族でラーメン屋に行くときはじゃんけんで決めます。

聞いているこちらも笑ってしまうようなエピソードばかりです*新郎様新婦様から事前にいろんなお話を聞いているので、結婚式当日に実際にご家族にお会いした時は「新郎様新婦様が仰っていた通りのご家族だ・・・!」と心の中でニヤニヤしてしまうこともあります。
今まで当たり前にできていた「集まる」ことができなくなった今、結婚をするお二人の大切なご家族が同じ場所に集い、絆を深める結婚式は、今まで以上に特別で、貴重な時間になっていると感じています。
 
まだまだ続きそうなコロナ禍での結婚式。
・招待状を送ったらどんな反応をされるんだろう
・無事に結婚式当日を迎えられるんだろうか
・結婚式を延期した方がいいのだろうか
・もうキャンセルした方がいいのかもしれない
 
そんな不安を抱えて過ごしている方がいます。これを読んでいる方の中には結婚式をすでに諦めてしまった方もいるかもしれません。私も式場のスタッフでありながら、「今結婚式をすべきなのだろうか」と迷うこともありました。でも、そんな私の迷いを取り払ってくれたのは一緒に式当日まで頑張ってくださった新郎様新婦様のお言葉でした。
 
「迷ったけど結婚式をやって本当に良かった」
「もし同じように迷っている人がいるならやってほしい」
「もう一回やりたいくらい楽しかった!」
 
結婚式のおひらき後、新郎様新婦様はとびきりの笑顔でみんなこう言います。そして心配されていたご家族もです。今結婚式を挙げることができるのは、今まで以上に幸せなことなのかもしれません。
コロナの影響で結婚式は多様化しました。ほとんどの式場で「オンラインウェディング」の設備が整い、ブライダル業界は様々な形での結婚式を実施してきました。
 
でもやっぱり私は諦められません。久しぶりに会えた時の嬉しくなる気持ちや新郎様新婦様の姿をみて込み上げてくる想いを共有する瞬間を。実際に会うことで感じられる気持ちや感動を大切にしていきたいと思います。
 
コロナだから結婚式を諦めるという選択肢もあるかもしれません。でも、「本当は結婚式をしたい」という気持ちがあるのであれば、結婚式を挙げてほしいです。挙げて、一生心に残る素敵な思い出をつくってほしいと思います。新郎様新婦様だけで不安な気持ちを抱える必要はありません。結婚式をすると決めたら、少し気持ちを楽にして式場のスタッフを頼ってください。私達は新郎様新婦様のお気持ちと、ゲスト様の安全を第一に考えた結婚式をご提案いたします。

打合せを進めていく中で、やりたいと思っていたことを全て叶えることは難しいかもしれません。でも落ち込まず、情勢に合わせて柔軟にやり方を変えていきましょう。ちょっとスタイルを変えてやってみたら、意外とこっちの方がよかったね!なんてこともあるかもしれません。
コロナ禍で結婚式を挙げた新郎様新婦様を一番近くで見てきた私が言えることは、「結婚式は最高だ」ということです。それは、どんな時代でも、どんな状況でも変わることはありません。

世の中では「不要不急」という言葉が浸透しましたが、政府は結婚式を「不要不急ではない」と判断しました。この国の文化として「結婚式は必要だ」ということです。結婚式は中止を強いられることなく、一部の制限のもと、ルールを遵守しながら実施できます。
結婚式は、これからのお二人の人生を支え続ける必要な思い出です。思い返す度に活力をもらえるような不思議な力が結婚式にはあります。それはご家族にとっても同じです。私は兄の結婚式を思い出す度に「頑張ろう!」と元気をもらえます。結婚式当日の兄夫婦の笑顔や、家族で過ごした時間は記憶にしっかりと刻み込まれていて、その時間がずっと私を支えてくれているからです。

もし「結婚式どうしよう」と悩んでいるのならば、挙げてほしいと心から思います。私達はいつ思い返しても、美しく素敵な思い出を、時代とともに形を変えながら、これからもつくり続けていきます。どうかお気持ちを楽にして、私達に任せてください

CONTACT US

当日来館もお気軽に /
Tel.052-782-2211

平日 11:00~20:00 
土日祝 10:00~20:00
休館日 / 火曜日(祝日除く)

ページのトップへ